貸金業法

貸金業法

貸金業法

貸金業法とはお金を借りたいという利用者が安心して適正な借り入れができるようにする為に、貸金業者に対して様々な規制や条件をつけて借り過ぎてしまったり、返せなくなるような事を防ぐためにできた法律です。
この貸金業法の改正によって新しくできた機関が日本貸金業協会で、平成19年に設立されました。
この日本貸金業協会によって新たに貸金業を営もうとする企業が認可されれば、貸金業の加入が認められるということになります。
日本貸金業協会の主な目的は、加盟している貸金業者が貸金業法にのっとって適正な運営をしているかを監督することにあります。

こうして借りる側である私たちがお金を借りて不利になることがなく、その後もきちんと返済できるように、適性に利用できるようにと貸金業法が見直されて改正されています。
もしもお金が必要になった時にカードローンを利用する場合には、貸金業法をきちんと守っている企業であるか、不審な点がないかをちゃんと確認してから借り入れすることで、その後の返済の計画もしっかりしていくようにしましょう。
貸金業法を守れていない企業から借り入れすると大変な目にあう場合もあるので、しっかり下調べする事も重要になります。